アフターピル

アフターピルは緊急避妊に欠かせない常備薬 - モーニングアフターピル通販

アフターピルは万が一の事態に備えて常備が基本

きちんとコンドームを付けて性交していたのに気が付いたら破れていたり、突然彼氏に中で出されてしまったり・・・。誰でも1度や2度は次の生理日が訪れるまで不安な日々を送った経験があるはずです。

そんな時、緊急措置として服用する薬が「緊急避妊ピル」です。避妊で失敗してしまってもアフターピルを常備していると、落ち着いて対処する事ができます。

ですが、「アフターピル」はどこにでも売っていて、いつでも簡単に手に入る・・・というものではありません。あらかじめ病院へ行って処方してもらう事もできません。

アフターピルは薬の成分上強制的に生理を起こす為、体への負担も想像以上にあります。「アフターピルがあるから避妊しなくても大丈夫」という考えになってしまうのは絶対に避けてください。

それでは、”いざ”と言う時に慌てず対処できるようモーニングアフターピルの入手方法や注意点について詳しくご紹介させていただきます。

モーニングアフターピル(緊急避妊薬)とは?

昨今の、避妊を目的とし事前に服用を続けているピルは、副作用の少ない低用量ピル、或いは超低用量ピルが主に用いられています。

モーニングアフターピルは事前の避妊目的の為の薬では無く、避妊の失敗により緊急を要する場合に使用する避妊薬です。多量の黄体ホルモンと卵胞ホルモンを摂取する事によって子宮内膜を剥がし、妊娠に至ることのない体内環境にします。

その分副作用や体へのダメージも多いものなので、あくまでやむを得ない緊急時の避妊薬として使用します。

緊急避妊ピルは、万が一の事態に備えて準備

緊急避妊薬は、効果を上げる為に少しでも早く服用しなくてはなりません。

しかし、日本においては病院へ行き診察を受けてからでないとアフターピルを入手することはできません。それでは、緊急を要していたり、年末年始やお盆などで病院が長期の休みだったりしたらどうしたら良いのでしょうか?

そこで、前もって通信販売を利用してアフターピルを常備しておくという考え方が必要になります。

欧米ではたくさんの国が気軽にドラッグストアでアフターピルを購入する事ができますが、日本では、「コンドームの普及率が悪くなり性感染症が増加する」「避妊の意識が薄れる」等の理由でなかなか市販に踏み切ろうとしません。

日本では、緊急避妊に対してかなり消極的で矛盾な考えを持った国なのです。しかし、緊急避妊が必要になる原因は様々で、いつ何が起こるかは分かりません。

心身ともに受けるダメージや金銭的な負担を最低限に抑えるために、前もって1箱、通販で → モーニングアフターピル ← を常備しておきましょう。

服用方法服用後の出血アフターピル服用の失敗緊急避妊薬服用後の妊娠の兆候アフターピルの種類と効果・副作用緊急避妊薬の入手方法早期の妊娠検査薬HOME